ハーブVSスプラウト

我が家はマンションなので、庭がなく、植えるには植木鉢が必須です。
植木鉢でも育てられるハーブを育てたくなったので、親に「ハーブを植えたいんだけど……」と相談しました。
ら。
「ハーブってさ、ものすごく増えるんだよ。でも、使い道に困るじゃん。紅茶に入れても、デザートにしても、香味焼きにしても、手間暇かかるし。だったら、ブロッコリースプラウトでも育てておけば?」

えっ、ブロッコリースプラウト……?
それはもうハーブじゃないです。ハーブがいいんです。私は、ハーブが育てたいのです。
そもそも、スプラウトって、英語で「植物の新芽」を意味する、種子や豆を発芽させた食べられる植物なわけで。
(日本で最もメジャーなスプラウトは、モヤシやカイワレ大根でしょうか?)
その人気の理由は、一年中安定して入手できること、比較的価格が安いこと、家庭でも簡単に栽培できることの他に、少量でより多くの栄養素を摂取することができることや、生で食べても美味しい上、調理も比較的簡単であること、などが挙げられると思います。
スプラウトにはこれから成長していくために必要な栄養素が凝縮されているわけですから、そう考えると、スプラウトもいいかなぁ……と思い始めてしまいました。

人気の芸能人のダイエット方法について考察

ggvjhbメディアへの露出の多い芸能人は、ダイエットが必要な時があります。自分が行ったダイエット方法を本という形にまとめる芸能人も最近は増えています。ロングブレスダイエットという、芸能人が本を出したことで流行ったダイエットがあります。ロングブレスダイエットでダイエットを成功させたのは美木良介さんという俳優さんで、下腹のぜい肉を減らすことが可能です。ロングブレスダイエットは、50日のダイエットでウエストが-11㎝になったという記録があり、ベストセラー本です。美木さんが、腰痛の改善のために呼吸法を主体に行うダイエットとしてあみだしたものが、ロングブレスダイエットの始まりだと言われています。インナーマッスルを鍛えるため、海外のアスリートの間で行われている腹式呼吸のトレーニングから、美木さんがロングブレスダイエットを作りました。静かに息を吐くことで、内臓部分に存在している脂肪を減らし、体重を少なくすることが可能です。呼吸によって代謝をアップさせ、腰周りを引き締めてダイエットを成功させることが可能です。代謝を高めることで凝りや冷えが緩和され、筋肉が増えるためにリバウンドがしづらくなります。呼吸法を覚えたら、1日20分ほどのウォーキングをロングブレスと並行して行うことで、よりダイエット効果が高められます。芸能人が紹介するダイエットには様々なものがありますが、ロングブレスダイエットはその中でも特に有名なダイエット方法です。

アセロラの健康効果

ビタミンCを摂取するのが目的で活用している人が多いのが、アセロラサプリメントです。アセロラはビタミンCが豊富な果実で、100gに1700mgも含まれています。同じくらいの量のキウイには69mg、いちごには62mgのビタミンCが含まれていることからもわかるように、その差は歴然です。サプリメントでは定番のビタミンCは風邪予防や美肌効果があると言われています。ストレスに対する抵抗力をアップさせたり、体を紫外線のダメージから守ったり、疲労回復や免疫アップなどにも有効だといいます。常時アセロラの育つところには強い紫外線が射しているといいます。アセロラ自身を紫外線の影響から庇うためにたくさんビタミンCを蓄積しているのです。アセロラのサプリメントが人気があるのは、ビタミンCの作用だけではありません。ポリフェノールの一種であるアントシアニンやケルセチンなどが摂取可能なこともアセロラサプリメントのメリットです。ポリフェノールは抗酸化力の強い成分で、発がん性物質の生成を予防したり、加齢による影響から体を守る効果があるとされ、アンチエイジングにもよく用いられます。胃や腸からも吸収され、効果的に動脈硬化や血栓予防ができる言われているのが、アントシアニンです。サプリメントでアセロラを摂取することによって、健康に良い効果をいろいろと実感することができます。

ダイエットと食事について

ダイエットをする上で、食事の見直しは必須ともいえるものです。食事制限をしていてもなかなか痩せないという人も多いようです。食事の量を減らしても痩せない理由はあるのでしょうか。カロリー摂取量を減らすことはダイエットにいいことですが、とにかく食事を減らせばいいというものではありません。無理にダイエットで食事制限をすると、栄養失調を体が察知して本能的にカロリーを消費しないようにするからです。食事量を減らせば体重が減少するのは無理もないことですが、胃腸の機能も低下するため消化機能が下がります。脂肪をエネルギーに変える効果が低下するため、ダイエットがうまくいかなくなります。人間の体は、食事を体内に取り入れ、内臓で消化し、体内に取り入れる過程でもエネルギーが必要となり、カロリーを使います。ダイエット中でもしっかりと食べて胃腸を活発に動かせば、カロリーが消費できるのです。ダイエットをしている時も食事は欠かせませんが、かといっ何を食べてもいいというわけではありません。ローカロリーやゼロカロリーのものばかり食べているのもダイエットの食事としてはおすすめできません。カロリー量の少ない食事ばかりを摂取していると、体が熱をつくらなくなり、代謝が下がります。ダイエットのためにと、食事量を大幅カットする人は少なくありませんが、食事を減らすだけは、何かのきっかけで食べ過ぎると、一気に体重が戻ってしまいます。

顔のたるみの原因について

顔にたるみがあると、実年齢以上に年をとって見えます。なぜ、年をとると顔にたるみが出るようになるのでしょう。若いころはたるみが起こらなかったのに年をとると重力に負けてしまいます。皮膚にコラーゲンが多く含まれていると、肌はハリのある状態が保てます。下へ下へいこうとする力に負けないバネになるコラーゲンがしっかりと支えていれば肌はたるむことがありません。しかし、ストレスや紫外線でコラーゲンが破壊されると、肌はたるみやすくなります。人間の顔には、表情を変化させるための表情筋がたくさんあります。この表情筋の衰えが、顔の皮膚のたるみに関係します。コラーゲンと同様、表情筋も加齢とともに弱くなります。表情筋はいろいろな表情に使いますが、特に笑顔でよく動くようです。表情が硬くあまり笑わない人は表情筋の老化を早め、顔のたるみの原因となるでしょう。顔のたるみは、毎日の意識していないほどの癖によってできることもあります。頬杖をつくクセのある人は要注意です。手のひらの力をいっぱい頬にあてて肌に負担をかけてしまいます。眉間にしわを寄せることが多い人や、口をへの字口にしている方も、顔のたるみに要注意となります。顔のたるみ予防には、表情筋の動きを意識しながら、口もとを上げて笑顔をつくってみたり、変な癖をつけないことです。