求人広告の見方について

仕事探しに役に立つのが求人広告です。求人広告に掲載されている情報を正確に読み取るには、どう読めばいいか知っておくことです。はじめて就職活動をする際は、求人広告の中で意味がわからない点も少なからずある事でしょう。月給や日給だけでなく、給料の支払い方には日給月給という形も存在します。給料が載っている時は、手取り額なのか、額面なのかでも開きがあるものです。給料を額面で買いて、求人広告として出している会社はたくさんあります。正式に雇用されてから、思っていたよりも給料が安いと感じることがあるかもしれません。聞きづらいことかもしれませんが、正式に雇用が決まる前に確認しておいた方がいいこともあります。求人広告に社会保険などの記載がない場合は、健康保険や厚生年金に加入していない場合もありますので注意が必要です。完全週休2日制と、週休2日制は、よく似た言葉に見えますが意味がかなり違いますので、求人広告に目を通す時にはそういう情報にも注意をするべきでしょう。週休2日制では、大抵が週2日の休みですが、時々は例外的に週1の休みの時もあるという休みの形です。一方、1週間に必ず2日間の休みが保証されているのが、完全週休2日制です。用語のイメージは近いですが、大きな差があります。就職することがまだ決まっていない段階で休みの日数や給料については聞きにくいと感じる人もいるかもしれませんが、求人広告だけでわからない時は確認した方がいいでしょう。