ダイエットと食事について

ダイエットをする上で、食事の見直しは必須ともいえるものです。食事制限をしていてもなかなか痩せないという人も多いようです。食事の量を減らしても痩せない理由はあるのでしょうか。カロリー摂取量を減らすことはダイエットにいいことですが、とにかく食事を減らせばいいというものではありません。無理にダイエットで食事制限をすると、栄養失調を体が察知して本能的にカロリーを消費しないようにするからです。食事量を減らせば体重が減少するのは無理もないことですが、胃腸の機能も低下するため消化機能が下がります。脂肪をエネルギーに変える効果が低下するため、ダイエットがうまくいかなくなります。人間の体は、食事を体内に取り入れ、内臓で消化し、体内に取り入れる過程でもエネルギーが必要となり、カロリーを使います。ダイエット中でもしっかりと食べて胃腸を活発に動かせば、カロリーが消費できるのです。ダイエットをしている時も食事は欠かせませんが、かといっ何を食べてもいいというわけではありません。ローカロリーやゼロカロリーのものばかり食べているのもダイエットの食事としてはおすすめできません。カロリー量の少ない食事ばかりを摂取していると、体が熱をつくらなくなり、代謝が下がります。ダイエットのためにと、食事量を大幅カットする人は少なくありませんが、食事を減らすだけは、何かのきっかけで食べ過ぎると、一気に体重が戻ってしまいます。